News

スプリングセール2015年開始しました!!リサイクルラグが50%オフ〜お買い求めいただけます

フェイスブックページでは、最新のお知らせを画像入りでご紹介しています。ぜひこちらをご覧くださいませ。

Recommended


春:やさしい桃色

14,800円(税込)


サーカス

12,800円(税込)



スクエアー ブラウン

17,900円(税込)
SOLD OUT


ナチュラルブラウン

12,800円(税込)



ジャミーラ

6,000円(税込)
SOLD OUT


ファーティマ22

19,000円(税込)
SOLD OUT


ファーティマ27

19,000円(税込)
SOLD OUT



ターバンブルー

4,800円(税込)
SOLD OUT


オセロ

7,560円(税込)
SOLD OUT


レッド

9,500円(税込)
SOLD OUT


Best sellers


ホワイト white

12,800円(税込)
SOLD OUT


ゴールド Gold

12,800円(税込)
SOLD OUT



スクエアー ブラック

17,900円(税込)


ラグのオーダーメイド


サハラへの道では、生産者の女性とともにリサイクルラグ「ボ・シャルウィット」の生産に取り組んでおります。お客様ご希望のラグもオーダーいただけますので、お色、サイズ、絵柄など右上の「お問い合わせ」よりご相談くださいませ。可能な範囲で対応させていただきます!!「世界で一つ」のラグをお届けいたします!

※モロッコクッション「プフ」のオーダーメイドも承っております。詳しくは、こちらをご覧くださいませ。



リサイクルラグ「ボ・シャルウィット」を現地の生産者の皆様と体験してみませんか?サハラへの道の拠点のベルベル村で、お客様の好みに応じたオリジナルなラグをお作りいただけます。詳しくはこちらをご覧ください→
「モロッコでリサイクルラグ織り体験」










☆吉田優さん主催の「ボ・シャルウィット展」!!!




モロッコでラグ織り女性より、直接ラグの織り方を伝授された吉田優さんが、四国を中心にボ・シャルウィット展を開催されています。こちらのリサイクルラグに表現されるモロッコの先住民、ベルベル女性の個性と感性、そして身の回りのあらゆる素材を使用して織り上げるユニークなアイデアを日本の皆様にご紹介しています!!ぜひ、一度、モロッコの色と空間のおりなす世界に遊びにいらしてください!!会場の様子はこちらから→「ボ・シャルウィット展」




☆メディア情報!!


ベルベル村の「お料理教室」を口尾麻美さんの『クスクスっておいしい!』(グラフィック社、2010年。)でご紹介いただきました!モロッコでもなかなか見られなくなった小麦粉からのクスクス作りを体験していただいた著者のレポートや、クスクスを用いた様々なお料理が満載!ぜひぜひ、ご覧くださいませ♪その他のメディア情報はこちらからです。






Your recent history

About the owner

部谷 由佳

フェアトレードショップ「サハラへの道」へご来店いただき誠にありがとうございます! モロッコ、マラケシュ近郊のアイン・モシュ村にあるNPO「未来へ」と協力し、マグリブ・アートを日本をはじめ、世界の皆様にご紹介しております。現地の暮らしや文化、フェアトレードについて店長日記をお届けしています。ぜひご覧くださいませ♪

       ☆商品を生産している仲間のご紹介!職人さんも現地の女性も、それぞれの夢や希望を抱いて日々お仕事に励んでいます。プフの生産者の皆さんを こちらでご紹介しています!

                ☆マルシェバッグは、サハラへの道の工房を中心に、アイン・モシュ村の皆さんと生産に励んでいます。バッグの生産者の女性とお仕事の様子は、こちらでご紹介しています。

           ☆「ボ・シャルウィット」で知られるモロッコのリサイクルラグを生産方法をご紹介しています!作品ご理解のためにも、こちら是非ご覧くださいませ。

       ☆オリジナルプフのご注文を承っております!お客様のインテリアにマッチした素敵なモロッコクッションを生産させていただきます。詳しくは、こちらでご覧ください。

店長が読んだマグリブ・モロッコ関係、フェアトレード関係の本をご紹介しているコーナーです。北アフリカのマグリブ地方に関して研究されている方の本や論文を中心に読み、この地域の理解を幅広い側面で深めていければと思っています。また、当店は、国際フェアトレード規定に順応する活動を行うため、同分野の探求にも力を入れ、より斬新的な活動に挑戦しています。同分野にご関心のある方、ご購入予定の方の参考にしていただけると幸いです。店長の読書感想文

Blog

Mobile